運営者情報

2021年4月17日

運営者情報元探偵X
サイトURLhttps://tantei100.net/

探偵事務所・興信所のあり方について

探偵や興信所にご相談される方たちが何を求めているのか?

「依頼された内容の仕事をこなすこと」も探偵の役割の一つであることに違いありませんが、依頼される方の本来の目的は、探偵事務所・興信所の仕事を通じて自身の抱える悩みやトラブルを解決することであるはずです。

相談された内容に対し、実行可能な仕事内容を伝え、どのような方法で問題が解決できる可能性があるのか、考えられる問題解決の方法を探り、提示すること。依頼者が望んだ場合、その解決の方法を実行すること。

プロの探偵事務所だからこそ提案・実行できる解決方法があり「依頼者が満足すること」こそが探偵事務所・興信所としての役割を果たすことであると考えます。

例えば探偵が浮気調査の依頼を受けた後に、計画性もなくむやみに毎日調査を行っていたら結果として大きな費用がかかってしまいます。

それによって予想以上の日数や金額がかかり、証拠が取れた日が一日だけだったなんてことになると、依頼者の満足度は著しく下がってしまうのではないでしょうか。

調査をやるだけやって一日も取れなかった場合などは満足どころの話ではないでしょう。
そのようなことは私のような元探偵にとっても本意とするところではありません。

探偵社の中には、調査を勧めるだけ勧めてとにかく調査日数を稼ぐ、という手法をとるところがあります。
その理由は基準を「自社の利益を最優先」にすること、もっと言えば「目先の利益を最優先」にすることにおいているからです。

調査を行う日数や時間による利益計算が優先し、極端に言えば結果は後回しにしています。
つまり、依頼者の満足や実際に手にするものを先に考えてはいないのです。

特に大きな宣伝費をかけてしまっている探偵事務所・興信所はその分の費用を回収するために、相談に来た方にとにかく調査実施を勧める傾向があるのではないでしょうか。

宣伝費を回収するために調査をしなければならないというのは、依頼者の立場を二の次に考えており、探偵や興信所のあり方としては本末転倒です。

綺麗事のように聞こえるかもしれませんが、自らの利益を計算することよりもまず「調査を成功させること」に重点をおくのが本来のプロの探偵や興信所のあり方であると私は考えます。

調査を行うのが先ではなく、どのように調査を行うのかを考えるのが先であり、その結果として得られる報酬が利益としてついてくるのだと思うのです。

探偵さがしのタントくん

Posted by 元探偵X