現役探偵がプロの視点から業界の良いところ・悪いところ、良心的探偵の選び方や悪徳探偵の見分け方について語ります。

探偵が語る!優良探偵事務所・興信所をWEBサイトから見抜く方法

探偵豆知識

浮気調査はなぜ探偵に相談されるのか?

投稿日:

浮気調査の悩み

探偵の仕事は浮気調査が多い

もし、実際の探偵の仕事はどんなものかを聞かれたとしたら「浮気調査が多い」と答える探偵が多いのではないでしょうか。

浮気調査について知らない人には、配偶者が浮気・不倫していないかどうかを調べる、浮気している場合はその証拠をとる仕事、などと説明することになるかもしれません。

そして、浮気調査の内容を知った人の反応というのは大きく2種類に分かれると思います。

そのうちの一つは「興味津々」という反応ではないでしょうか。

恋愛に関わる話にはなんとなく興味が湧いてしまうものですよね。

中でも浮気・不倫というものに愛憎劇やメロドラマのようなイメージを持っている人は、浮気や不倫の実態がいったいどんなものなのか?という意味で興味をひかれるのでしょう。

尾行や張り込み、もしくは浮気の証拠取りなどもそうですが、他人が浮気をしている状況自体を見ることが、一般的にはそれほどあることではありませんので、人によっては好奇心のようなものが刺激されてしまうのではないでしょうか。

そして、興味本位で不倫カップルを尾行してみたいとお思いになるかもしれません。

実は私も探偵になろうと決めた時、それに似たことを考えました。

しかし、実際に浮気調査での尾行・張り込みを仕事として行う場合、経験した人はもちろんご存知かと思いますが、かなり「きつい仕事」となります。

対象者を見失えば尾行失敗、かと言ってもちろんどこにでもピッタリとくっついて行くわけにはいきません。

最悪のケースでは尾行や張り込みが発覚して警察沙汰など大きなトラブルとなる場合もありますので、常に尾行のバランスを考えていなければならないのです。

対象者の先の行動がわからない中、依頼者へ提出する報告書のための写真撮影、加えて、浮気調査では証拠撮影も成功させなければなりませんので、探偵は尾行のバランスを考えつつ、仕事としてのプレッシャーも感じながら尾行をしています。

また、実際に悩みを抱えた方からご相談を受けるとわかるのですが、他人事目線では興味本位になってしまうような事柄も、直接ご本人から相談されると違うものになります。

探偵を頼りとし、最後の頼みの綱だと考えてくださっている方たちもいるため、実際のところ浮気調査は決して興味本位だけではできない仕事です。

なぜ探偵が浮気・不倫問題を相談されるのか

配偶者が浮気している、もしくは不倫しているのではないか、と考えて悩んだ時、あなたならどうしますか?

自分一人で解決する、という方もいらっしゃるかもしれませんが、「浮気されている」「浮気されているかもしれない」という悩みは、両親など自身の家族や親友などごく限られた人にしか話せない悩みではないでしょうか?

中には「心配をかけたくないから」と、かえって親しい人には相談しにくいという方もいるかもしれません。

かといって逆に赤の他人になら話せるかといえばそんなことはなく、そもそも「悩み」というものをよく知らない人に話すこと自体がほぼないだろうと思います。

浮気問題について多くの相談を受けていますが、依頼者にとっては探偵も赤の他人です。

浮気の悩みを相談する相手の選択肢の中に赤の他人である探偵が入る理由は、「配偶者が浮気をしているかどうか調べる」、もしくは「配偶者の浮気の証拠を収集する」ことを業務としており、それによって「浮気の悩みを解決できる(可能性がある)」ということが大きいと言えるでしょう。

もちろん、浮気問題が解決するに至る過程・結末は人それぞれであり、必ずしも探偵に相談や浮気調査を依頼しなければならないわけではありません。

ただ、浮気・不倫の解決として「離婚請求」や「慰謝料請求」を視野にいれた場合、例えばいきなり弁護士に相談に行かれたとしても、おそらく「証拠がないと不利である」等のアドバイスを受けるだけで終わってしまうでしょう。

「不貞の証拠を取る」という目的をお持ちであれば、唯一の浮気調査の専門家と言っていい探偵へのご相談を検討してみて下さい。

-探偵豆知識

Copyright© 探偵が語る!優良探偵事務所・興信所をWEBサイトから見抜く方法 , 2020 AllRights Reserved.